海水魚の飼育方法 - PrivateOcean.com - ホーム

Reef Ring 1.023world List Ranking
Prev5 Prev Next Next5
文字サイズ 文字サイズ「小」 文字サイズ「中」 文字サイズ「大」

ホーム > 濾過について > 生物濾過


濾過について

生物濾過

生物濾過を行うと、生物が汚した水槽内の海水に含まれる有害な物質を、比較的無害な物質へと分解させて海水を綺麗に保つ事が出来ます。

濾過の中で最も重要な濾過と言えますので、この仕組みは必ず覚えるようにしましょう。

一般的な濾過は、物理濾過とここで説明する生物濾過の組み合わせになると思います。

生物濾過の仕組みを図で表してみました。


有機物

■有機物

生物の死骸、生物の糞、給餌により魚やサンゴが食べ残した餌などです。

好気性細菌により分解

■分解

好気性細菌により、アンモニアへと分解します。

アンモニア

■アンモニア

有機物が好気性細菌により分解され、アンモニアが生成されます。

海水魚やサンゴなどの生物にとって致命的な物質です。

ニトロソモナス属、ニトロコッカス属などにより分解

■分解

ニトロソモナス属、ニトロコッカス属などの好気性バクテリアにより、亜硝酸へと分解します。

亜硝酸

■亜硝酸

アンモニアがニトロソモナス属、ニトロコッカス属などのバクテリアにより分解され、亜硝酸が生成されます。

海水魚やサンゴなどの生物にとってとても有害な物質です。

ニトロバクター属、ニトロコッカス属などにより分解

■分解

ニトロバクター属、ニトロコッカス属などの好気性バクテリアにより、硝酸塩へと分解します。

硝酸塩

■硝酸塩

亜硝酸がニトロバクター属、ニトロコッカス属などのバクテリアにより分解され、硝酸塩が生成されます。

海水魚には比較的無害(低濃度の場合)ですが、サンゴなどの生物にとっては有害な物質です。

■水換え

通常の強制濾過と呼ばれる濾過方法では、硝酸塩が生成された時点でそれ以上分解する事は出来ません。

硝酸塩を排除するためには、水換えをして硝酸塩濃度が低い状態を維持する必要があります。

簡単に生物濾過の仕組みをご説明しましたが、水槽内でいかにバクテリアを繁殖させるかで濾過能力が決まって来ると思います。

そして、マリンアクアリストとしての能力が問われると思います。

この生物濾過は、海水魚を飼育するに当たって超重要なカギとなるでしょう。

次へ >>

物理濾過 | 吸着濾過 | 生物濾過

ホーム | ごあいさつ | サイトマップ | 更新情報 | トピックス | プロフィール | リンクについて | メール

総計  | 本日  | 昨日